読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よいくらし

雑記 おもしろそうな事を探している 遊んで楽しく良い暮らしな感じ

スティーブ ジョブスの最後の言葉を自分なりに訳してみた その2

愛とお金

f:id:nomvey:20160509105602j:plain

前回の続きなので、読んでない方はこちらからどうぞ。

GW明けの頭にはいきなりヘビーなテーマから再開することになってしまったけど、はりきって訳してみよう。

wealth(=豊かさ、財産)によってもたらされるillusions(=幻想、錯覚)

VS

feel the love(=愛)

という図式、はるか昔から語られ続けるテーマの1つ。

財産のある幸福をここまで完全否定する必要があるのか疑問だけど、ジョブスほどお金持ちになると、あって当たり前なのが「お金」で、得難いものが「愛」ってことになるのかな・・・

 

個人的には、愛と大金は両方とも、たやすく得られないものだと思うのだけど、大金を持つと、持ってないより「愛」が難しくなるって事があるんだろうか・・・わからん・・・

ラブポータビリティ

f:id:nomvey:20160509105656j:plain

これも難しい問題。

まず、「あの世」がある前提のお話しになっている。

そして、「お金」は持っていけなくてthe memories precipitated by love(=愛で固められた記憶→→→「愛のメモリー(照)」)は持っていけることになっている。

下に続く

TRUE RICHES

f:id:nomvey:20160509114550j:plain

上からつなげると、持っていけないお金などの財産より、持っていける愛のメモリーこそが「本当の豊かさ」であると読み取れてしまう。

愛を感じる感覚を、あの世へのポータビリティ(portability=持ち運びできること)で語るという事にナンセンスさを感じるのはオレだけではないはずだ。

これは難しい問題だ。

死の淵だからこそ、「あの世」と「持っていけるもの」を確信的に感じているということなのだろうか。

「あの世」に持っていけるかどうかで価値を論ずる事がどうしてもしっくりこないのは、まだ死を近くに感じていないからなのだろうか。

「あの世」があるという確信が自分にはないからだろうか。

いや、きっと、あの世に持っていけるかどうかすら超越したものが「愛」であって欲しいと願うからだろう。

そして、次に続く

「いつも一緒にいて支えてくれて生きる強さと明るさをくれるもの」

これって、「愛」もそうだけど、現代社会での「大金」が象徴するものでもある。だから、お金に置き換えてもしっくりくる。

だからこそみんな宝くじを買ったり、リスクを負ってでも勝負したりするんだろう。

ジョブスもそうしてきたけど、あの世へ持っていける財産は貯めてこなかった残念、という事か。いやいやいや。いやはやこれ。信ぴょう性の低さはすでに言ってある通りだけど、どんどん胡散臭くなってきた。

この世ではお金があったから贅沢してきたけど、あの世では愛がないと贅沢できないから、やっぱり愛だろ、愛。

なんて、そんなのアリかね。この人(きっとジョブスではないだろう)が語る愛の何たるかってのが、しっくりこなくなってきた。

いい文章だと思ってたけど、雲行きが怪しくなってしまった。

要するに、「あの世で使えるお金」のように愛を語られることに不快感に近いものを感じてしまったのである。

受け取り方にも偏りがあるだろうけどね。初めて読んだときはこんなふうには感じなかったのに、不思議。

LOVE & LIFE

f:id:nomvey:20160509124506j:plain

前述の文で不快感とか言いいつつも、ここの突き抜けた物言いは好き。

愛と人生は何でもありだから素晴らしい。

人生を決める者

f:id:nomvey:20160509145834j:plain

この路線の語り口、大好き。いいね。

意訳が強めだけど、伝わるはず。

Reach the height you want to reach.=望む高さまで行きな

It is all in your heart and in your hands.=全部君の心と手の中にある→→→決めるのは自分という流れ。

ここでいう「それ」は、望む高さであり、行くか行かないかでもある。

自分次第という事だけど、いい表現だなぁと思った。

世の中は、自分では決められないと感じる事も多いけど、決めれる事もたくさんある。

決められないことを嘆くより、自分の決めれる事を見つけて、それと向き合って生きる方が、自分の人生に集中できるし、楽しめるだろう。

行きたいとこまで行くべし。いい響きだ。

感じよく区切れたし今回はここまで。

次回で完結。

思ったより長くなってしまったけど、なかなか楽しい。

チャオ!